イメージ画像

タレントオーデションをやります?

誰でも若い頃はタレントを一度は目指したことがあるはずです。私も目指した事ありましたが自分の表現力のなさに断念しました。


もしタレントを目指すなら方法はいろいろあると思います。一つはスカウトされる事。一つはタレントオーデションを受ける事。もう一つはタレント養成所みたいな所に入る事などがあげられます。


一番の近道は最後のタレント養成所みたいな所に入ってじっくりと鍛えてもらう事が近道だと思います。十分ちからが備わったら、オーデションなりを受けて本格的にタレントとして活動をするという事になるでしょう。


しかし、そうは上手くはいかないのが人生です。有名になったタレントさんでさえ、1度や2度のオーデションで落ちた経験はされているという事です。一番重要なのは何でもそうですが、最後まで諦めない事。


これは最強です。絶対に夢はあきらめない!そういう決意が必要です。そして、何度も何度もオーデションを受けてみる事です。最初は落ちてばかりでしょう。でも、何度か諦めずにやっていると結果ってついてくるものです。


タレントオーデションはどこでも沢山やっているでしょう。その時その時のコンセプトにより募集するタレントさんは違うと思いますが、何でもオーデションを受け続ける事は重要だと思います。


タレントオーデションするならテアトルアカデミー

テアトルアカデミーのオーデションは4部門に分かれてます。赤ちゃん部門、子ども部門、成年部門、シニア部門です。男女同じで年齢別に分けられています。すべての年齢の方がタレントを目指せるようになってます。


年齢を言い訳にするのは簡単です。でも、言い訳にしてしまったらそこで終わりなんですと言われています。確かにそうですね。今の時代何でもありの時代。いい時代に生まれてきたからには、それを利用しないと駄目ですね。


テアトルアカデミーのタレントさんには有名な方もおられます。でも、著作権などの関係でここで名前を表す事はできません。是非、あなたの目で確かめて下さい。


このページの先頭へ